気学について

 

 

My brilliantでは、気学カウンセラーによる気学鑑定を行っております。ご自分の星を知り、吉運気を味方にしたいと思われましたら、ぜひ気学相談へお越し下さい。

気学とは

「気」は誰もが持っているエネルギーで、心と精神を繋ぐ線であるといわれています。また、「気」は「大気」として宇宙に存在しており、私たちに命の息吹を与えてくれているのです。このような「気」のあり方や方向性を占う運命学のことを「気学」いいます。気学は生まれた年月日の九星と、地支(十二支)を基本として運命を予測し、悪い運命を避けて良い運命を開いていく学術です。

特に4の方位の吉凶を知り、吉の方位への引越しや旅行を行うことで、運勢を積極的に改善できるのが他の占いとの違いといえるでしょう。

九星とは

人の誕生の影響を9種類に分類し、一般的に「東洋占星術」と呼ばれています。九星の木星・火星・土星・金星・水星は、陰陽五行である易の八掛から来るもので、特定の惑星の名称や運行との関係性はありません。

一部のカレンダーや神社暦を見てみると、毎年・毎月の九星による運勢が書かれています。「結婚式は大吉の日がいい」「お葬式は友引の日を避けよう」など、日常的に九星気学を取り入れている方も多いのではないでしょうか。

日本での九星の歴史

奈良時代、唐から帰国した吉備真備により持ち込まれた奇門遁甲と九星の書によって、九星占術が始まったといわれています。しかし当時は陰陽寮の関係者や上流階級の者といった、ごく一部の者しか知らない秘伝とされ、一般の人々に広まることはありませんでした。

江戸時代になると清から多くの運命学書が入ってくるようになり、九星術は「家相」などにも方位術として用いられるようになりました。その後、松浦琴鶴が「九星方鑑学」を伝授し、明治42年に萩野地角(園田真二郎)によって「気学」という言葉が生まれたのです。

気学運勢や気学鑑定は、横浜市にありますMy brilliantで受けることができます。まずはお気軽にご相談下さい。